イタリアのFTSE MIB指数の紹介

イタリアのFTSE MIB指数

FTSE MIB指数(FTSE MIB)は、イタリア証券取引所とFTSEグループにおける株価指数で、イタリアの主な企業40社で構成されています。

 

FTSEグループは株式や証券などの指数(INDEX)を作成、管理をするイギリスのロンドンに拠点を置く企業です。

 

FTSEグループはロンドン証券取引所の子会社で、世界的なインデックスと分析的ソリューションの提供で世界をリードしている会社です。

 

FTSEが出すインデックスは幅広い資産クラスを対象としているので、それぞれ標準的なインデックスにプラスされてカスタマイズしたインデックスの提供も行っています。
FTSEのインデックスは投資分析、パフォーマンス測定、資産配分、ポートフォリオのヘッジのほか、様々なインデックス・デリバティブ、ファンド、上場投資信託(ETF)やその他の仕組み商品の開発といった目的があって世界中の投資家に広く用いられています。

 

FTSEのグローバルなインデックスや地域別、国別、セクター別インデックスの元となっているのは
FTSEグローバル株式インデックス・シリーズのユニバースであり、このユニバースは48カ国の国の約7400銘柄以上で作られており、世界の投資可能時価総額の98%の割合を占めています。

 

FTSEの主要なグローバル・ベンチマークであるFTSE All-Worldは、国際的な株式ポートフォリオの構築やベンチマークのために世界中の投資家に使われているのです。

 

平均株価を算出している時価総額加重平均型とは違い、一部の小規模な値が影響される心配は少ない。

 

反面、時価総額の高い大型株の割合が非常に大きくなるので、親会社が所持をしている株の保有数が、固定株比率が高く、株価の変動が少ない銘柄に影響されやすい性質があります。

 

これらの株が市場で売買されることはほとんど無いために指数と売買実態が分かりにくいのが実態です。

 

また互いに保有していることもかり、時価総額がダブって計上されていることもあるようです。

 

イタリアのFTSE MIB指数の株価指数は以下になります。(Yahoo!より転載)

イタリアのFTSE MIB指数

株価指数に投資を行うのにオススメなサービス

ランキング1位SBI証券
SBI証券 株価指数を対象にした投資はいくつか種類がありますが、投資初心者の人にオススメとなるのが、投資信託になります。株価指数に連動をしている投資信託のケースでは、概ね投資信託のコストと言われている信託報酬などが安く設定されているケースがほとんどとなります。投資信託を扱っているネット証券の中でもSBI証券は、非常に多くの投資信託を扱っているネット証券となっていて、初心者の人でも始めやすいのが特徴的です。また、株式投資に興味がある人にとっても、業界の中でも高水準の取引手数料の安さとなっているので、同一銘柄を購入する場合であれば、手数料の高い会社よりも、安いコストで取引をする事が出来ます。また、単純にインターネット証券の中でも、屈指の口座数を保有している点も、初心者の人であれば安心出来るポイントなると思います。口座数はすでに200万口座を超えており、2013年6月時点では260万口座を突破している会社となっていて、これは2013年6月時点では、インターネット証券の中でも最大の口座数となっています。

SBI証券の公式サイトはコチラ

 

SBI証券

ランキング2位セゾン投信
セゾン投信 株価指数に連動をしている訳ではないので、株価指数に連動をした投資を行いたいと考えている人には、若干不向きな金融商品となりますが、投資の初心者でも始めやすいのが投資信託となります。しかし実際に投資信託のケースでは、アクティブ運用の投資信託の場合には、手数料を初めとした各種取引コストが発生をして、中々利益を出しづらいのも現実としてあります。そこでオススメしたいのが、セゾン投信のファンドです。通常の投資信託の場合、販売会社と運用会社が別に別れているので、様々なコストが発生しますが、セゾン投信の場合には、通常の投資信託と比較をしても全体の取引コストが安く、かつ資産額も順調に増加しているのが、魅力的です。

セゾン投信の公式サイトはコチラ

 

セゾン投信

ランキング3位GMOクリック証券(CFD)
GMOクリック証券(CFD) CFDと言われても、聞き覚えのない人も多い分野になると思います。ざっくりとした説明をしますと、レバレッジを駆使して、高い資金効率で投資を行う事が出来る物となっていて、近い商品としてはFXがあります。元々FXもCFDの一つだったのですが、為替に特化したCFDがいつのまにかFXと言う呼び方で定着をした。と言う感じになっています。投資対象はCFDサービスを提供している会社によって違いがありますが、GMOクリック証券の場合には、日経225・ニューヨークダウを中心とした株価指数に連動する商品が取り扱われています。その為、金融商品として見た場合、株価指数に関連した投資を行いたい。と考えている人にとっては、かなり近いエリアの金融商品となっています。似たような商品としては日経先物取引と言われている商品がありますが、こちらの場合には、投資対象が日経平均に限定をされてしまっているので、ニューヨークダウに連動した商品と言うのがありません。GMOクリック証券の場合には、他にもドイツ・イギリス・香港の株価指数に応じた商品も扱われていますが、詳細については、是非公式サイト内でチェックをしてみて下さい。

GMOクリック証券の公式サイトはコチラ

 

GMOクリック証券

ランキング4位SBI FXトレード
SBI FXトレード 株価指数に投資をする訳ではないのですが、社会的に認知度の高まったFXサービスの中では、『SBI FXトレード』がオススメとなります。FXの場合には株式投資と比較をして、基本的には取引手数料が発生しません。その代わりにスプレッドと言う点が実質的な手数料として取引の際に発生をします。このスプレッドと言うのは、実際の売買の差を表しています。今では、インターネット注文の際に、見かける事がなくなりましたが、仮にスプレッドが2円の場合、1ドル100円の際に円でドル買いを行うと、実際には99円で決済されます。この場合には元を取るには円が1ドル101円で決済をしなければならなくなります。この差額がスプレッドとなります。『SBI FXトレード』ではこのスプレッドが業界最高水準となる狭さで提供をされています。最近は1000通貨単位で取引を出来るFX会社もサービスも多くなっていますが、『SBI FXトレード』の場合には1通貨単位から取引可能となります。初心者の人だけではなく、FXで利益を狙う人、全てにオススメのサービスです。

SBI FXトレードの公式サイトはコチラ

 

SBI FXトレード

ランキング5位Dmm.com証券のCFD
DMM CFD FXで積極的なプロモーションを行っているDMM.com証券でも指数に関するトレードが行えるCFDが扱われています。代表的な指数銘柄に絞り込まれていて、スプレッドなどは業界でも最高水準で提供をされているので、利益を出しやすい環境が整えられています。

Dmm.com証券のCFDはこちら

 

DMM CFD

オススメ海外バイナリー

SBI証券とアドセンス広告

SBI証券


ホーム RSS購読 サイトマップ