東証2部株価指数の紹介

東証2部株価指数

東証2部株価指数とは、正式名称を東証第二部株価指数と言います。これは東京証券取引市場の第二部に上場している普通株式銘柄を対象にしている株価指数のことを指します。1969年の8月18日から算出を開始しています。

 

指数の算出方法ですが、1968年1月4日の時価総額を基準としています。1968年1月4日の時価総額を100ポイントとして、現在の時価総額を比率で表している指数です。2部の上場されている銘柄はすべて対象となり、その時価総額を加重して指数化しています。東京証券取引所には、第一部と第二部があります。

 

第一部には、日本を代表するような有名企業が上場していることが多いです。しかし第二部の場合第一部に上場している企業と比較すると、企業規模や知名度の部分ではやや小粒な企業を中心として構成されています。このため一般投資家からしてみると、第一部と比較するとそれほど銘柄自体の人気は高くありません。よって、第一部と比較すると同じ東京証券取引所で扱っている銘柄でも、市場の相場の特性に違いがあります。東証2部株価指数は、マーケット全体の動きがどのようになっているかを判断する中では重要な判断材料になると言われています。東証2部はあまり人気がないと紹介しました。このため、それほど値動きについて激しく変動することが少ないと言われています。

 

もしトレンドがいったん発生した場合には、その流れが長期にわたって継続する傾向があります。まだ投資のキャリアが比較的浅い人であれば、東証2部をターゲットにしてみる方法もあります。トレンドが長期的に継続する傾向があるので、そのトレンドに乗った取引をすれば、儲けが出る可能性もアップします。そのためにはまず東証2部株価指数の動向をチェックしましょう。すべての銘柄の平均指数ですので、マーケット全体のトレンドがどのようになっているのか、把握するためには有力な情報です。現在ではパソコンの画面を使ってチャートで判断も可能です。

株価指数に投資を行うのにオススメなサービス

ランキング1位SBI証券
SBI証券 株価指数を対象にした投資はいくつか種類がありますが、投資初心者の人にオススメとなるのが、投資信託になります。株価指数に連動をしている投資信託のケースでは、概ね投資信託のコストと言われている信託報酬などが安く設定されているケースがほとんどとなります。投資信託を扱っているネット証券の中でもSBI証券は、非常に多くの投資信託を扱っているネット証券となっていて、初心者の人でも始めやすいのが特徴的です。また、株式投資に興味がある人にとっても、業界の中でも高水準の取引手数料の安さとなっているので、同一銘柄を購入する場合であれば、手数料の高い会社よりも、安いコストで取引をする事が出来ます。また、単純にインターネット証券の中でも、屈指の口座数を保有している点も、初心者の人であれば安心出来るポイントなると思います。口座数はすでに200万口座を超えており、2013年6月時点では260万口座を突破している会社となっていて、これは2013年6月時点では、インターネット証券の中でも最大の口座数となっています。

SBI証券の公式サイトはコチラ

 

SBI証券

ランキング2位セゾン投信
セゾン投信 株価指数に連動をしている訳ではないので、株価指数に連動をした投資を行いたいと考えている人には、若干不向きな金融商品となりますが、投資の初心者でも始めやすいのが投資信託となります。しかし実際に投資信託のケースでは、アクティブ運用の投資信託の場合には、手数料を初めとした各種取引コストが発生をして、中々利益を出しづらいのも現実としてあります。そこでオススメしたいのが、セゾン投信のファンドです。通常の投資信託の場合、販売会社と運用会社が別に別れているので、様々なコストが発生しますが、セゾン投信の場合には、通常の投資信託と比較をしても全体の取引コストが安く、かつ資産額も順調に増加しているのが、魅力的です。

セゾン投信の公式サイトはコチラ

 

セゾン投信

ランキング3位GMOクリック証券(CFD)
GMOクリック証券(CFD) CFDと言われても、聞き覚えのない人も多い分野になると思います。ざっくりとした説明をしますと、レバレッジを駆使して、高い資金効率で投資を行う事が出来る物となっていて、近い商品としてはFXがあります。元々FXもCFDの一つだったのですが、為替に特化したCFDがいつのまにかFXと言う呼び方で定着をした。と言う感じになっています。投資対象はCFDサービスを提供している会社によって違いがありますが、GMOクリック証券の場合には、日経225・ニューヨークダウを中心とした株価指数に連動する商品が取り扱われています。その為、金融商品として見た場合、株価指数に関連した投資を行いたい。と考えている人にとっては、かなり近いエリアの金融商品となっています。似たような商品としては日経先物取引と言われている商品がありますが、こちらの場合には、投資対象が日経平均に限定をされてしまっているので、ニューヨークダウに連動した商品と言うのがありません。GMOクリック証券の場合には、他にもドイツ・イギリス・香港の株価指数に応じた商品も扱われていますが、詳細については、是非公式サイト内でチェックをしてみて下さい。

GMOクリック証券の公式サイトはコチラ

 

GMOクリック証券

ランキング4位SBI FXトレード
SBI FXトレード 株価指数に投資をする訳ではないのですが、社会的に認知度の高まったFXサービスの中では、『SBI FXトレード』がオススメとなります。FXの場合には株式投資と比較をして、基本的には取引手数料が発生しません。その代わりにスプレッドと言う点が実質的な手数料として取引の際に発生をします。このスプレッドと言うのは、実際の売買の差を表しています。今では、インターネット注文の際に、見かける事がなくなりましたが、仮にスプレッドが2円の場合、1ドル100円の際に円でドル買いを行うと、実際には99円で決済されます。この場合には元を取るには円が1ドル101円で決済をしなければならなくなります。この差額がスプレッドとなります。『SBI FXトレード』ではこのスプレッドが業界最高水準となる狭さで提供をされています。最近は1000通貨単位で取引を出来るFX会社もサービスも多くなっていますが、『SBI FXトレード』の場合には1通貨単位から取引可能となります。初心者の人だけではなく、FXで利益を狙う人、全てにオススメのサービスです。

SBI FXトレードの公式サイトはコチラ

 

SBI FXトレード

ランキング5位Dmm.com証券のCFD
DMM CFD FXで積極的なプロモーションを行っているDMM.com証券でも指数に関するトレードが行えるCFDが扱われています。代表的な指数銘柄に絞り込まれていて、スプレッドなどは業界でも最高水準で提供をされているので、利益を出しやすい環境が整えられています。

Dmm.com証券のCFDはこちら

 

DMM CFD

オススメ海外バイナリー

SBI証券とアドセンス広告

SBI証券


ホーム RSS購読 サイトマップ